着物を着るための準備をしてみよう

着物は柄付けや工程の違い、シチュエーションによってさまざまな種類に分けることができます。例えば、フォーマルな場で着る着物には黒留袖や色留袖、振袖や訪問着、カジュアルな場で着る着物には浴衣をはじめ小紋や紬、木綿などが挙げられます。一般的に振袖は未婚女性の第一礼装となり、成人式のほか結婚式やフォーマルなパーティーで着用され、色無地は礼装として正式なシーンである結婚式などで着ることができます。また、普段着物の木綿は、夏以外の3シーズンで長く着用でき、着物全体に同じ模様が繰り返し柄付けされている小紋は街着やお稽古事に最適の着物です。その他にも、最近では吸水性・速乾性に優れた麻素材の夏用着物や、デニム生地で施されたデニム着物など進化した素材を使った着物も登場しています。

正装礼装として着用される黒留袖とは?

黒留袖とは、既婚女性の第一正装で、主に新郎新婦の母親、親族や仲人婦人が客要する着物です。裾には模様が入っており、背中や胸元、両後ろの袖前には合計5つの家紋も入っています。一般的に裾に施されている模様の面積が小さく、施されている模様の位置が低ければ低いほど年配の方向けとされている黒留袖は、続柄や年齢に応じたものを選ぶことが大切で、新郎新婦の母親の場合は格調の高いものでありながらもやや落ち着いた柄を選ぶのが基本的マナーとなっています。また、着物を着るとなると帯や帯締め、バッグに草履などさまざまな小物が必要となりますが、黒留袖を着る際には礼装用の金・銀・白を基調とした帯やバッグを使用するのがマナーとなっています。このように、黒留袖にはさまざまな決まりやマナーがあるため、黒留袖を着用する際には基本的なマナーについてもある程度頭に入れておくと良いでしょう。

これさえ準備すれば初心者でも気軽に着物を着られる!

着物には季節に合わせてさまざまな素材や種類があり、着物を購入する際には着用する着物の素材や種類についても確認してから選ぶことが大切です。また、着物を着るとなると帯やバッグ、草履などたくさんの小物を準備しなければなりません。例えば、着物は着物本体と帯さえあれば着られると思っている人も少なくありませんが、実は着物や帯以外にも着物用下着や伊達締め、帯板に帯締めに足袋など最低限必要なものは少なくとも15点ほどにも上ります。しかし、自分で着付けるとなると初心者の場合は特に大変です。でも、近頃は自分だけでも簡単に着付けができる衿止めクリップや着物ベルト、四重ゴム紐など便利グッズも続々と登場しています。その他にも、冬など寒い時に役立つ着物用のステテコやショールなどの羽織もの、雪下駄といった寒さ対策グッズもあり、冬でも気軽に着物を楽しむことができます。