着物を彩る様々なオシャレ小物たち

着物を自由に着こなせる人たちは、やはり憧れるところがあります。礼装として黒留袖を着る場合でも、控え目な色ながらも、落ち着いた豪華さをみせる帯や帯揚げ、帯締め、そしてカバンと定番だからこそ質が問われる物ばかりです。また普段着として着る紬や浴衣は、さらに自由度が上がり、今時の小物を合わせて楽しむことができます。もっとも大島紬や結城紬のように、高価な物であれば、気軽なお出かけ着としてよりもお稽古や美術館、観劇のような少し良い場所へ着ていく方も多いと思います。とにかくTPOをわきまえた小物選びは大切です。遊びに行く時の小物として、洋装の小物を取り入れることがあります。和装の上に防寒などで着る物は羽織や道行、道中着などですが、レースのショールを羽織る方もいます。大正ロマンを感じさせる和装にはブーツやレースも似合います。

着物の帯や小物で雰囲気が変わります

既婚女性の和装のなかで、最も格式が高いとされている着物は黒留袖です。黒留袖には格式の高い模様があしらわれており、黒留袖に使われる帯も同様に、格式高い模様が織られています。この帯ですが、ひとことで帯といっても実はさまざまです。主に礼装に使われる袋帯、普段着やオシャレ着に付ける名古屋帯、花嫁衣裳に付ける丸帯、夏の装いに最適な博多帯、カジュアルに着こなす半幅帯と帯だけでも様々です。その上、帯の形が壊れないようにしめる帯締め、帯枕を覆うための帯揚げ、帯締めを飾る帯飾りと、色や柄、ひもの編み方、装飾品と細やかなオシャレを楽しむことができます。ネックレスやピアスに近い感覚のようなものです。帯や帯周りの小物を変えることで印象はガラリと変わります。季節や気分、TPOに合わせてアレンジする楽しさがあります。

着物の種類と見分け方は柄の入り方

黒留袖は既婚の方の第一礼装ですが、振袖は未婚女性の第一礼装です。こちらは華やかな小物を合わせることができます。成人式や結婚式のような場を華やかにする必要がある所に着ていくことが多く、黒留袖よりも遊び心が許される第一礼装ともいえます。ただ過剰なオシャレは場にそぐわない上に、着ている物の良さを損なうこともありますので、センスが必要です。この辺りは、洋装、和装問わずに言われることです。この振袖と留袖の違いは袖の長さだけではなく、模様の入り方の違いがあります。ですから振袖の袖を切って留袖にするということは実際にはしないことです。この話の由来は、元服の際に着ていた袖の長い部分を縫い留めて留袖にした室町時代の風習からきています。現在では振袖や色留袖、訪問着は柄の入り方などから判断することが多いです。着物の格式は生地と柄です。しかし楽しみ方は人それぞれです。