着物を一層際立たせる所作を覚えよう

着物を着ている女性を見かけると、日本人に生まれてよかったなと思います。それに、着物を着ている女性は凛としていて素敵だなと思います。でも、着物を着る機会も中々ありませんし、自分で着ようと思っても着付けを習わないと着物は着られません。着物をもっと楽しむためには、まずは着物の基本的な知識を学びましょう。まず、着物には様々な種類があり、また格と呼ばれるものもあります。一番わかりやすい着物の種類といえば、振袖、留袖、訪問着があります。振袖は未婚女性が着る着物であり、成人式や結婚式などで着用されます。留袖には、色留袖と黒留袖とがあり、黒留袖は既婚女性が着る着物で、結婚式に親族が着ていることをよく見かけます。色留袖は未婚既婚関係なく着られます。留袖というのは結婚して嫁ぐ際に、嫁ぎ先の家紋を入れて作る人が、昔はいたそうです。

女性の礼服とも言える着物の黒留袖

着物の中で格式の高い留袖には黒留袖と色留袖とがあるとお話ししましたが、黒留袖というのは既婚者が着る、和装としては格式が高い正式な礼装なのです。黒留袖は結婚式に着ていることをよく見ると思いますが、それは黒留袖を着るのが親族と決まっているためです。もし自分が身内の行事で着ることになったとしたら、恥をかかないように基礎知識だけは頭に入れておきましょう。黒留袖の特徴は、胸には柄がないもので裾模様になっています。その模様の中には夫婦円満や子孫繁栄、不老長寿などの象徴といえる柄が入っているものが多い為、結婚式で着用されることが多いのです。また、黒留袖には必ず紋が入ります。自分で黒留袖を作って持っている人は、その家の家紋が入っています。あとは、黒留袖に締める帯ですが、袋帯を締め、白や金、銀などの縁起のいい豪華な帯で締めましょう。

着物を着た時こそ所作に気をつけよう

着物というのは、洋服とは全く違う気遣いが必要となってきます。袖のたもとは長く、裾も長くて足は開きません。洋服はある程度動きやすい服装ですが、着物は逆で動きにくい服装と言えます。洋服と同じ振る舞いをしていては、せっかくの着物が台無しになってしまいます。着物には着物の所作と振る舞いというものがあるのです。まず、着物は袖が長いです。うっかりすると汚してしまいます。特に食事をする際には注意が必要です。テーブルの上のもの、例えば少し遠くにあるお皿やグラスなどを取ろうとした時、袖で引っ掛けて倒したりこぼしたりしてしまった。なので、今日は着物を着ていて袖が長いのだという意識を持って、自分の位置より少し遠いものをとる場合は、必ず袖口をもう片方の手を添えて取るようにしてください。着物は裾が長く、足も開かないということを意識したうえで、足は10センチ程度の開きでゆっくりと歩くよう心がけてください。