着物の種類と着ていくシチュエーション

着物の種類は沢山あり、着てみたいとは思ってもなかなかどんなシチュエーションなら浮かないのか、その際にどの様な着物を選んだらいいのか迷ってしまう所です。一番多く着物を着る機会となりそうなのは結婚式なので、今回は結婚式で着用するのにふさわしい着物についてお話していきます。未婚や既婚に関わらず、女性が結婚式で着る最も各敷高い着物というのが留袖となり、第一礼装と呼ばれます。洋装で言うとイブニングドレスと呼ばれるドレスに相当するのですが、イブニングドレスの様に時間の制限がなく、昼夜を選ばずに着用が可能です。これは主に結婚式に出席する親族が着用するもので、中でも黒が地の物を黒留袖、それ以外の物を色留袖と言います。袖部分にのみ絵羽模様という縫い目をまたぎ一枚の絵となる模様が描かれている、祝儀用の着物です。

黒留袖は新郎新婦の母親が多く着用する

黒留袖の着物で裾の模様というのは、年齢によってふさわしい柄がありその位置が低いほどに年配向けとなります。黒留袖の生地には、浜ちりめんや丹後ちりめんなど地模様の無いちりめんを選んで、裾部分にのみ模様が入っている物を選びます。既婚女性の第一礼装と言われていて、結婚式や披露宴の際に主には新郎新婦の母親や祖母、また姉妹や叔母などの親族が着用する事が多くなります。主役に近い人が着るのが一般的です。着用時の決まりとして染め抜きの五つ紋を入れて、白の比翼仕立てにし、帯や帯締めに帯場、草履にバッグなど小物は金銀白色の物を合わせて、更に末広も必需品となります。比翼仕立てというのは、襟.袖口.おくみ.裾の部分に重ね着したように見える生地が付いている仕立て法で「お祝い事が重なるように」との意味合いが込められています。

色留袖は未婚女性が着る着物である

色留袖は、新郎新婦の未婚の姉妹や、親族などが着用する着物です。生地には地模様が織り出されたちりめんを用いるタイプもあります。友人や知人として参加する既婚女性や、振袖を卒業した未婚女性の礼装もしくは準礼装の着物であり、結婚式や披露宴の礼装用としてだけでなく、パーティーなどの場でも着用が可能です。こちらも着用の目的により五つ紋や三つ紋、一つ紋に無紋などがあり、色留袖でも五つ紋にする事で黒留袖と同格となります。しかし最近では三つ紋を入れて準礼装とする事が多くなっています。それ以外のマナーは黒留袖と同じになりますが、末広は必須というわけではありません。しかし結婚式屋披露宴なら持って行く方が無難です。ただ宮中では黒は喪の色となっているので、この場合、黒留袖は用いずに色留袖を着用するようになっています。

我が社では、伝統ある京都の着物屋さんを一堂に会しているので、たくさんの着物からえらぶことができます。 きもの・長襦袢・コート・羽尺は、未仕立ての状態でお届けいたします。 超逸品から自信のセレクトの着物まで誠心誠意お手伝いします。 袋帯、名古屋帯、八寸帯、各種をフォーマル、洒落多数掲載中です。 着物を着るなら、京都きもの市場がおススメ!